シュレッダーの歴史

シュレッダーとは、書類などの紙を捨てる際に個人情報が漏れないようにする為に細かく裁断する機械の事をいいます。

とても細かく裁断されるのでオフィス等ではとても重宝されています。

シュレッダーが出来るまでは、ハサミで細かく切ったり、手でちぎったりのでしょう。

もともと、シュレッダーというものは元来英語でキャベツの千切りと言う意味だったそうです。

しかし、最近ではシュレッダーという言葉が書類裁断機という意味になっているそうです。

元々は、キャベツの千切り機だったとはちょっと驚きでした。

でも、見た目は少し似ていますね。

シュレッダーがその名前を乗っ取った形になるのでしょうか。

今、キャベツの千切り機の名前はどうなっているのでしょうか。

不思議で仕方ありません。

1909年にシュレッダーを発明したアメリカの発明家 Abbot Augustus が特許を取得しました。1935年にパスタメーカーを基にしたシュレッダーがドイツで製造されました。

良く考えたらパスタメーカーに少し似ている様な気もします。

色々なところに発明のヒントが隠されているのですね。

シュレッダー以外にもシュレッダーみたいなハサミもあります。

これも、かなり画期的な発明だと思います。

1960年には、日本の企業がシュレッダー第1号を発明したそうです。

日本が高度成長を遂げ、かなりの情報化社会になってくとともに社外秘な内容だったり、漏れてはいけない情報だったりが沢山ありました。

その中で、シュレッダーはとても役に立ったのではないでしょうか。

最近の、シュレッダーもかなり進化してきているみたいで、クレジットカードやフロッピーなども簡単に細かく出来るものまであります。

情報化社会、データ社会な日本では、情報を保存する事や、共有するツールが紙ばかりではないということですね。

シュレッダーを使うのは企業ばかりではありません。

家庭でも、公共料金や郵便物から個人情報が漏れてしまう事があります。

企業の情報より家庭のごみから漏れる個人情報の方が怖いかもしれません。

その個人情報からいろいろな事がわかってしまい、プライベートが丸裸にされてしまう可能性もあります。

事故や事件になりかねません。

その為に、最近は家庭用のシュレッダーもあります。

手で回すタイプもあれば、電動の物もあります。

そんな大きな物は要りませんが、何があるかわからないこの時代には欠かせないものでしょう。

これからも、どんどん情報化社会は進みます。

シュレッダーもどんどん進化して行くのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

人気のカラフルフライパン「レミパン」や家事がもっと楽しくなるおしゃれキッチングッズをご紹介。