間違った使い方

シュレッダーにも色々な使い方、そして色々な種類があります。

しかし、シュレッダーを間違って使ってしまっていることもあります。

衝撃な話を聞いてしまいました。

外国では死んだ牛や豚を巨大シュレッダーにかけてミンチにしてしまうそうです。

その為に作られた専用のシュレッダーなのだと思うのですが、あまりにもかわいそうで仕方ありませんでした。

時として、その様に使われてしまうのはとても心が痛いです。

なぜその様な事をするのでしょうか。

死んでしまったからなのでしょうか。

全く理解できません。

日本でもその様な事があるのでしょうか。

しかし、食べる為にお肉にする為だと言う噂もあります。

本当かどうかわかりませんが、インターネット上に動画があがっていたので事実なのでしょう。

使い方を間違うと本当に危険なものです。

ちゃんと安全装置も付いていますが、油断は出来ません。

紙を細かくするシュレッダー以外にも業務用の大型のものもあります。

これに巻き込まれたら大変な事になります。

沢山の機械やシステムは、とても便利になりました時代です。

シュレッダーに限ってではありませんが使い方をちゃんと守る事が大事だと思います。

ちゃんと、理解した上で何事も安全に使って行きたいですね。

環境問題が大きな問題になっている今の地球。

シュレッダーで裁断した紙屑は結局はゴミになるのでは?

思う人もいると思いますが、今、そんな紙屑でもリサイクル出来る時代になっています。

シュレッダーを使って出た紙屑はリサイクルが出来ない。

繊維が    短くなりすぎて使い物にならない。

と言う人もいますが、そういった訳ではないみたいです。

正確にはリサイクルは出来るが採算が合わない為に、どこも取り合ってくれず結果的にリサイクルが出来ないのが現状と聞いた事があります。

結果的にリサイクル出来ないのであれば、資源の無駄使いになりますよね。

資源が枯渇する可能性が危惧されているのに、出来ないでは通用しません。

しなければならないのです。

Wishではなくmustなのです。

紙を燃やすことで出る二酸化炭素。

二酸化炭素が大量に発生することで破壊されるオゾン層。

オゾン層が破壊されれば温暖化が進み、生態系が乱れてしまい、地球存続の危機に立たされます。

現在でも絶滅しそうな生物は3千種以上存在しています。

ゴミの処分の仕方、資源の使い方によってさらに絶滅危惧種が増える可能性もあれば、減る可能性もあります。

しっかりと個人情報保護以外にも目を向けて環境問題にも取り組んで行きましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

人気のカラフルフライパン「レミパン」や家事がもっと楽しくなるおしゃれキッチングッズをご紹介。