危険性

シュレッダーは非常に便利なもので、一般家庭にも企業にも必ず置いておくべきものだと私は考えています。

しかし、シュレッダーに関する事故は後を絶たず、色々な事を耳にする事が有ります。

衣服が巻き込まれてしまう事故、コンセントを抜かずに歯の部分を触り、指を傷つけてしまう事故。

便利な反面危険な部分が非常に多く感じられます。

今使われているシュレッダーの多くは安全機能が付いているので事故の危険性も下がってはきていますが、子供がいる家庭ではそれでも注意しなければダメな部分がたくさん存在します。

事故が起こった後に裁判にする人もいますが、全ての人が事故を未然に防ぐためにリスクヘッジをしていたのか。

コンセントも抜かず、子供の手の届く場所に置きっぱなしにしていたのではないか。

シュレッダーでの事故の大半が小さな子供が巻き込まれています。

事故が起こる危険性があるのならば、親がそれを注意しなくてはいけませんね。

安全装置があってもそれ以上に注意することで確実に防ぐことの出来る事故もあるはずです。

もちろんシュレッダーを生み出す側の会社も製造する時には様々な事故の可能性を危険視しながら開発しているはずです。

例えば包丁などで手を切ったりした子供がいるとします、しかしそれは包丁を作った人が悪いのではなく、手を切る可能性のある包丁を置きっぱなしにしている親が責任を問われるのではないでしょうか。

機械の場合、また少し意味は違ってきますが、子供を傷つけたくないのならば様々な事に注意しなくてはいけませんね。

私の務める会社内にももちろんシュレッダーは存在します。

掃除をする時にコンセントを抜かずに掃除をする社員がいます。

「危ないからコンセントを抜いた方がいいよ」

と話しても、

「大丈夫大丈夫」

と言って線を抜かない人がいるのですが、何を持って安心しているのか、何を持って大丈夫と言っているのか謎です。

見ている私達がハラハラしますからね。

便利な機械には危険もつきものです。

時に何かを裁断したりするものには「鋭利な歯」が必ずついています。

手を少し切るだけならまだしも、指を切断してしまうと日常生活の多くに支障が出ます。

ピアノを弾く人ならピアノが出来なくなります。

パソコンを触る人なら操作が出来なくなります。

便利なモノにはリスクはつきもの。

しっかりと危険な部分を認識した上で使えば私たちの生活に、今の世の中にとても便利な物として役立ってくれるに違いありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

人気のカラフルフライパン「レミパン」や家事がもっと楽しくなるおしゃれキッチングッズをご紹介。